VPS

VPS

■選べる2つのVPSシリーズ

1.Virtuozzo/Plesk シリーズ (料金・サーバー機能詳細)
Virtuozzoは、Parallels社が2001年(当時SWSoft社)に開発したコンテナ型の仮想化ソフトウェアです。そのオープンソース版のOpenVZも有名ですが、グラフィカルな操作が可能な仮想サーバー管理用コントロールパネル(Parallels Power Panel)がご利用頂けます。また、サイト管理用コントロールパネル(Plesk)も低料金にて併せてご利用頂けます。

2.LXC/cPanel シリーズ (料金・サーバー機能詳細)
LXC (Linux Container)は、Linuxカーネルに標準装備されているコンテナ型の仮想化ソフトウェアです。Virtuozzoと比較して30%程度以上の処理効率が得られます(当社調査)。仮想サーバー管理用コントロールパネルは、Joe’sで開発しています。サイト管理用コントロールパネルはcPanelをご利用頂けます。

■PVZシリーズとLXCシリーズの比較

PVZシリーズ LXCシリーズ
コンテナ Parallels Virtuozzo Container Linux Container
仮想サーバー管理用
コントロールパネル
Parallels Power Panel Joe’s オリジナル
サイト管理用
コントロールパネル
Parallels Plesk Panel cPanel

・両シリーズの回線およびハードの仕様は共通です。
・CPUは全プランXeon4コア、プラン1,2はXeon4コア8スレッドです。
・サーバー管理用コントロールパネルには、ソフトウェアインストール機能が搭載されています。※PVZシリーズは別途有償(PowerPackライセンス)

■仮想サーバー管理用コントロールパネルの比較

Parallels Virtuozzo Container Linux Container
利用実績 多い 少ない
提供方法 Linuxカーネルにパッチを当てて提供 Linuxカーネルに標準装備
処理速度 速い 非常に速い

Linux Containerはなぜ速いのか?
Virtuozzoは、Linuxカーネルにパッチを当てることによって提供されています。他方、Linux Container (LXC)は、Linuxカーネルの標準的な機能です。したがって、LXCでは、コンテナ仮想化機能のアップグレードとベースとなるカーネルのアップグレードが同時に行われるため、処理効率が高くなります(新しいカーネルの方が処理効率が優れている)。そのため、ハードウェアなど環境が同じ条件のもとでは、LXCは30%程度処理効率が優れていることが確認されています(弊社の調査による)。

■サイト管理用コントロールパネルの比較

Parallels Plesk Panel cPanel
全世界で
多数利用されている
専用サーバーで
多数利用されている
共用サーバーで
多数利用されている
使いやすさ 中級者以上向け 直感的に操作できる
(初心者向け)
デモページ Parallels Plesk Panel
ユーザ名:admin
パスワード:password
cPanel
ユーザ名:cpdemo
パスワード:password
ソフトウェアのインストール Power Pack
(オプション機能)
Fantastico 他 ※1
(標準機能)

Power Pack
Plesk拡張ツール。
Postgresql、Spamassasin、Application Pack、Tomcat、ColdFusionをご利用頂けます。
年一括払い:年額 10,500円
毎月支払い:月額 1,050円

Fantastico
WordPressやMoodleなどを50以上のソフトウェアをワンタッチでインストールできるシステムです。
Fantasticoデモページ
ユーザ名:democom
パスワード:demo
※1
Fantasticoの他に、EC-CUBEインストーラ、LiveCommerce、NetCommons2、Aipo(別途有償)をご利用頂けます。

サポート
 ○電話でのお問い合わせ
  平日9:00-21:00、土日祝 10:00-17:00 上級エンジニアが電話で対応
 ○サポートおよびチャットでのお問合せ  
  https://www.joeswebhosting.net/websupport/